■HOME

■カーテン種類

■カーテンスタイル

■レール素材

■レールの取り付け

■お問い合わせ


特殊カーテン

カーテンには、音を遮断・吸音する効果のある防音カーテンや遮光性の高い遮光カーテンなど、機能性の高いタイプもあります。遮光カーテンは一般的に室内の窓周辺で使われますが、防音カーテンは部屋と部屋の間仕切りとして使われるアコーディオンカーテンなどにも取り入れられています。また、防水性の高いシャワーカーテンは様々な場所で使うことが出来て便利です。
最近では防火性の高いカーテンを使っている所も増えてきています。そして、火災保険にも加入をして万全の体勢を保っているようです。

遮光カーテン

エアコンの効率を上げたり防音効果もある遮光カーテンは、デザインなどと共にカーテンを選ぶ際の基準となります。インテリアショップや通販では、デザイン性にもこだわった遮光カーテンを扱うところが増えてきています。自分の用途に合わせた遮光カーテンを上手に使いこなしましょう。

遮光カーテンの特徴

光を通さない生地を使用しているカーテンを遮光カーテンと言います。この遮光性には、使われている生地の遮光率によって等級がきめられています。遮光率が99.39%以下で遮光性がないタイプと、遮光性が99.99%以上の1級遮光から遮光率が99.40%以上の3級までの遮光等級タイプに分かれています。たまに「完全遮光」と呼ばれるものを見かけることもあります。これは一級の遮光カーテンと同じものの場合もあります。中には遮光率が100%の生地を使った遮光カーテンもありますが、カーテンの使い方によって完全に遮光することが出来ていない場合もあるようです。
遮光カーテンを下ろしている時に、外からの光さえぎることが出来るため直射日光が当たる西向きの部屋や昼でも部屋を暗くしたい時などにとっても便利です。また。遮光性の高い遮光カーテンほど冷暖房の効果を上げる役割をしてくれます。夏の暑い日ざしをさえぎり、冷房温度を控えめに設定することも可能ですので、省エネグッズとしての利点でも注目を集めています。また、特別に防音加工がされていないものでも、社交性のないカーテンに比べ遮光カーテンには防音効果もあります。

防音カーテン

音は気になるけれど、リフォームや専用の部屋を作ることはできません。そんな場合には防音カーテンがおすすめです。防音性のある防音カーテンは、音が気になっている人以外でも一般的に使われるケースが増えています。住宅街やマンション、アパートのような集合住宅などでの生活音対策としても便利です。防音カーテンの最も大きな特徴は、独特の素材で作られた生地を何枚も重ねることで遮音できるようになっています。防音カーテンは、屋外の音を室内に聞こえにくくするだけでなく、室内の音が外に伝わりにくくする両面での働きがあります。防音性・吸音性のある色々な生地を何枚も重ねてあるため、防音カーテンは一般的なカーテンに比べてかなり重量があります。そのため専用のカーテンレールが必要な場合もでてきます。アクリル樹脂やアルミ、鉛などを繊維の中に入れたり表面に貼り付けて、防音性を高めたタイプもあります。

防音カーテンの特徴

防音カーテンの中には、吸音性のある素材が使用されている防音カーテンもあります。室内でピアノなどの楽器を演奏する場合には、防音だけのカーテンより吸音性のある防音カーテンや吸音カーテンを使うほうがより音が伝わりにくくなります。吸音カーテンには吸音性のある素材が入った生地を裏地に使用したり、生地の構造やデザインに吸音しやすい構造が使われているものもあります。また、カーテンの隙間から音が漏れ出してしまうため、防音カーテンの裾や端に吸音素材を重ねてある防音カーテンもあります。

防音カーテンには、一般的なカーテンに比べてかなり幅が広く作られているものが多くあります。幅を広げることによって防音性を高めているのですが、防音カーテンの裾や端にマジックテープを取り付け、壁や窓枠にぴったりと貼り付けられるようにすると隙間が減り、さらに防音効果が高くなります。ドレープカーテンの場合、裾を貼り付けるとデザイン的にしわがよってしまいますので、部分的にとめておくか端だけ留めるのもポイントです。

Copyright:(c)2008 Curtain Design. All rights reserved.